助成金・補助金アドバイザー認定講座

助成金・補助金アドバイザー認定講座

MENU

助成金・補助金アドバイザー認定講座とは?

経営者視点で助成金・補助金を学べます

今、注目の助成金・補助金の情報や申請から受給までの流れなどの基礎に加えて、経営者視点から見た制度のメカニズム、活かし方を1日で習得することができる講座です。

今、助成金・補助金が注目されている理由とは?
助成金・補助金で陥りやすい罠とは?
助成金・補助金の有効活用法とは?

など、様々な「なぜ?」が解決されます。
助成金・補助金の自身においての活用はもちろん、クライアントへの助成金・補助金のアドバイスを行うための知識を獲得し、経営者から頼られるパートナーになれる資格です。

 

こんな方におすすめです

ご自身のビジネスに助成金・補助金を積極的に取り入れたい
クライアントの経営者に役立つ情報を定期的に学びたい
講師として活躍したい

 

助成金・補助金アドバイザーになるメリット

自分が活用できる

ご自身のビジネスに助成金・補助金を活用することで、リスクを抑えながら投資ができる

顧客へ価値ある情報提供ができる

定期的に助成金・補助金の情報が入手できるので、自社活用だけではなく、顧客への情報提供のネタに困らない

魅力アップでアポがとりやすくなる

名刺やホームページに「助成金・補助金アドバイザー」と入ることで、相手に興味を持ってもらいやすくなり、アポイントがとりやすくなる。

助成金・補助金アドバイザー協会 運営者紹介

代表

行政書士 太田 吉博
行政書士 太田 吉博

1976年、兵庫県生まれ。香川大学経済学部卒業後、大手印刷会社に入社。


高松営業所では中小企業から大手企業まで幅広い業種のクライアントに、新規顧客の開拓や顧客満足度・継続率を上げる印刷物の提案活動を行う。(DM、会報誌、ポイントカード、チラシ等)
東京に転勤後は、部内で最大のクライアントを担当。チームを編成しての顧客対応を行うことで、マネジメントを学ぶ。成績優秀者の海外報奨旅行に5回選ばれる。


2009年、行政書士試験合格。2011年クルーズ行政書士事務所開設。
士業では珍しく、営業とマーケティングに精通した行政書士として、法人設立前からの相談に定評がある。


熱くなれば思わず関西弁になることもある。

助成金
担当

久保 輝雄
社会保険労務士 久保 輝雄

1973年 埼玉県生まれ。日本大学法学部卒業後、社会保険労務士事務所に12年勤務。


社会保険労務士事務所勤務歴12年の経験を生かし、東京都港区に事務所を構え、従業員数30名以下の少数精鋭企業の発展の寄与に特化した社会保険労務士業務を行う。
自社で処理されてきた社会保険事務及び給与計算の代行、人事総務で起こるトラブルの解決と再発防止を図り社内環境を改善する。これらを通じて、経営者の負担を70%軽減し、従業員のモチベーションを50%上げることで企業の売上げを30%上げる。


家族がリストラにあった経験から、経営者も社員も幸せな人生を送れるような会社を港区で増やしていくことを目指し、日夜奮闘中。

補助金
担当

福島美穂
中小企業診断士 福島 美穂

東京生まれ、O型、みずがめ座。横浜市立大学卒業後、日本最大手の衛星放送局WOWOWに入社。


企業広報・IR活動に携わり、その取り組みが評価を受け社長賞を受賞。
2007年、中小企業の後継者をサポートするコンサルティング会社に転職。


2013年、会社勤務の傍ら女性起業家支援を開始。活動範囲が限られた状況の中で、「毎日ブログを書くこと」「補助金の獲得」などを通じてお客様の支持を獲得し、セミナーやコンサルティングの依頼が次々と舞い込むように。


「心に寄り添うコンサルティング」をモットーに、仕事も家庭も大切にしながら、しっかり稼げる女性になるための起業塾を立ち上げるべく取り組んでいる。


助成金・補助金アドバイザー認定コース詳細

資格取得までの流れ

@1日集中 助成金・補助金アドバイザー認定コースを受講
A講座内にて行う認定試験に合格
B会員登録

受講時間

10時〜17時 座学+試験

講座内容

1章 助成金・補助金とは
  1. 助成金・補助金の制度の違いについて
  2. 今、助成金・補助金が注目されている理由とは?
  3. 助成金・補助金 獲得の秘訣
2章 制度のメカニズム
  1. 助成金の申請から受給までの流れ 〜例:キャリア形成助成金〜
  2. 補助金の申請から受給までの流れ 〜例:創業補助金〜
3章 助成金の基礎
  1. キャリアアップ助成金について
  2. キャリア形成促進助成金について
  3. 中小企業 労働環境向上助成金について
4章 助成金獲得のために押さえるべきこと
  1. 助成金獲得のためにまずやるべきこととは?
  2. 助成金の有効活用法とは?
  3. 不正受給のリスクとは?
5章 補助金の基礎
  1. 創業補助金について
  2. ものづくり補助金について
  3. 小規模事業者持続化補助金について
6章 補助金獲得のための秘訣
  1. 採択されるために必要不可欠な視点とは?
  2. 補助金で陥りやすい罠とは?
7章 補助金・助成金情報の伝え方
  1. 定期会報誌(助成金・補助金 情報)の利用方法
  2. 本業との相乗効果を図るポイントとは?
  3. 経営者から頼られるパートナーとなるために…

 

セミナー参加者の声

セミナー参加者の声

受講料、開催日程・会場、お申込みについて

受講料

29,800円(講座費・教材費:19,800円、認定料10,000円)
受講料は税別価格となります。
試験合格後、会員登録していただくことで、助成金・補助金アドバイザーとして認定されます。
※会費 月3,800円(税別)が掛かります。

 

現在募集中の日程

2015/10/9(金)10:00〜17:00

 

過去の開催実績
・2015/8/21(金)10:00〜17:00(満員御礼) ・2015/6/12(金)10:00〜17:00(満員御礼)
・2015/4/13(月)10:00〜17:00(満員御礼) ・2015/2/23(月)10:00〜17:00(満員御礼)

 

会場

東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル(本館) 5階 会議室

 

地下鉄「銀座駅」からは徒歩5分、「東銀座駅」からは徒歩2分の好立地にあります。

歌舞伎座がある晴海通りと昭和通りの交差点を新橋方面へ歩いて、1Fにデニーズがあるビルの5階となります。

 

お申込み方法

銀行振込み or クレジット(PayPal)決済をいずれかを選択し、移動先ページの入力フォームに氏名・メールアドレスをご記入ください。
ご記入いただいたメールアドレス宛てに決済情報をお送りいたします。

 

銀行振込みで申込む場合はこちら

銀行振込みで申し込む

 

クレジット決済(PayPal)で申込む場合はこちら

クレジット決済(PayPal)で申し込む

助成金・補助金の活用事例のご紹介

行政書士 太田

 

助成金・補助金アドバイザー協会 代表の太田です。
当協会サイトにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

助成金・補助金を活用して、「顧客満足度を上げること」に成功している当協会メンバーの事例をご紹介します。

 

顧客満足度は、もちろんあなたの本業の商品・サービスの品質が、一番問われるところになります。

 

ただ、補助金や助成金の情報もお役立てできるところがあるのです。

 

行政書士の補助金・助成金 活用事例

私(行政書士)の顧客は、「NPO法人を設立したい」「一般社団法人を設立したい」という人が多いのですが、
資金調達に不安を持っている人が多いことが分かりました。

 

そして中でも、助成金に興味を持っている方が多いことがわかりました。
そこで、電話で問い合わせのあった方に、

 

「事業内容をお聞かせいただければ、助成金についても紹介できるかもしれませんので、一度お会いしてみませんか?

 

という内容をお話しして、面談につなげることがあります。

 

このように、助成金や補助金を顧客に会うためのツールとして使うことがあります。

 

行政書士 太田セミナーの様子
マイナンバー セミナーの様子

顧客と良好な関係を築くことで、例えばマイナンバーのような新規案件でも、既存顧客への告知による集客も可能になります。

 

中小企業診断士の補助金・助成金 活用事例

当協会の補助金担当でもある中小企業診断士の福島は、女性起業支援を中心にコンサルティングを行っています。

 

今は、顧問契約やグループコンサルティングでスケジュールがほぼ埋まっている状況。

 

女性起業支援をしている競合が多い中、差別化を考えたとき、助成金、補助金の活用方法から提案できるということが大きな強みとなりました。

 

彼女は、助成金・補助金をきちんと活用して、集客の仕組みをつくることで、クライアントの負担を減らしながら発展していく提案をしているのです。

 

自身も創業補助金を獲得して事業を拡大していますし、顧客の契約ハードルを下げることにも活用しています。

 

上記の事例のように、顧客獲得のためにも補助金や助成金を活用できます。

 

本業のサービスの質も必要ですが、顧客にとってメリットのある情報提供をしていくことも、顧客満足度の向上につながります。

 

あなたも、日常の顧客とのコミュニケーションの中に助成金や補助金の情報提供に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

助成金・補助金アドバイザー認定講座の詳細はこちら

 

無料メールセミナーの詳細はこちら